抗酸化作用とは?抗酸化物質の含まれる食材と種類

抗酸化作用とは?抗酸化物質の含まれる食材と種類

抗酸化作用とは、体内に発生する活性酸素を抑える働きのことです。

そして活性酸素は増えすぎると老化や病気の原因になるものです。

元々、私達の身体には活性酸素を抑えるための抗酸化酵素というものがあるのですが、加齢とともにその量は減少してしまいます。

抗酸化作用のある成分を摂取することで、そのバランスを保つというわけですね。

 

抗酸化作用の主な効果

活性酸素を抑える働き

 

抗酸化成分の種類

抗酸化成分というのは抗酸化作用のある成分のことです。

実は抗酸化成分にも様々なものがあり、それぞれ身体を守る部分が違います。

 

水溶性成分:外側の血液や水溶性の液体、細胞膜の内側

脂溶性成分:脂質が主成分である細胞膜

中間的な成分:内側の水性と脂質の境界、細胞膜の外側

 

水溶性抗酸化物質の主な種類

ビタミンC

ビタミンB群

ピクノジェノール

ペプチド

水素水

 

脂溶性抗酸化物質の主な種類

ビタミンE

アスタキサンチン

コエンザイムQ10

リコピン

カロテン

 

中間的抗酸化物質(ポリフェノール)の主な種類

カテキン

大豆イソフラボン

ザクロエキス

ゴマグナン

ルチン

 

抗酸化成分を含む食べ物

バナナ(各種ビタミンが豊富)

かぼちゃ、ニンジン(カロテン)

キャベツ(イソチオシアナート)

ニンニク、ショウガ、ネギ、セロリ(アリシン)

蕎麦(ルチン)

大豆イソフラボン

緑茶カテキン

ベリー類ポリフェノール類)

アボカド(各種ビタミンが豊富)

アーモンドビタミンE

 

アンチエイジングには抗酸化作用を活用しよう!

活性酸素を抑える方法はいくつかありますが、その中でも重要なのが食事です。

毎日、食べる物を意識していれば活性酸素を増やし過ぎることなく健康的な生活をすることができると思います。

 

抗酸化作用を持つ食品を生活に取り入れることで活性酸素から身体を守るライフスタイルを手に入れることができますよ!

 

 

参考にさせて頂きました
WellnessアンチエイジングLifeスキンケア大学

美容用語カテゴリの最新記事