活性酸素とは?本来の役割と老化の原因について

活性酸素とは?本来の役割と老化の原因について

活性酸素とは、酸化させる力がとても活発になっている酸素のことです。

活性酸素=悪い物質だというイメージが強いかもしれませんが、それは誤解です。

本来、活性酸素というものは身体に入り込んだ細菌類を駆除してくれる役割があります。そして、酵素の働きを促進してくれる効果もあります。

実は活性酸素は身体を健康に保つためには必要不可欠な物質なのです。

 

活性酸素の主な働き

・酸化させる働き

・殺菌作用(免疫機能)

・酵素の働きを促進

 

活性酸素が老化の原因になる理由

活性酸素は増えすぎてしまうと老化の原因になってしまうと言われています。

それは活性酸素の強い酸化力が影響しています。

金属などが酸化によりサビてしまうように、人間の身体もサビてしまうんです。

サビてしまうと細胞の老化が早まってしまい、しわシミなどが出てしまうわけですね。

老化だけでなく、生活習慣病になりやすくなってしまったりもしてしまうので、活性酸素が増えすぎてしまうと身体に悪影響ばかり起こしてしまいます。

 

私達は呼吸で取り入れた酸素を使ってエネルギーを作り出しています。

その時に取り入れた酸素の約2%が活性酸素に変化します。

活性酸素の過剰な発生を防止するスカベンジャーという抗酸化物質も体内にあるのですが、増えすぎてしまうと対応しきれなくなってしまいます。

 

私達の身体は活性酸素は適性の量に保とうとしているのですが、外部からの刺激によって活性酸素が増えてしまうことがあるんです。

 

代表的なものを上げると

・激しい運動

・強いストレスを感じる

・食生活の乱れ

・喫煙

・紫外線を浴びる

などがあります。

 

これらをすべて断ち切ることは難しいと思います。しかし、工夫次第では改善することができますよね!

健康と美容のために少し気を使ってみてはいかがでしょうか。

 

活性酸素を減らす方法

生活習慣の改善でも活性酸素を減らすことはできますが、他にも高い効果がある方法があるんです。

それが抗酸化作用のある食べ物を食べることです。

いわゆる抗酸化物質を含む食品ですね。

 

抗酸化作用とは体内に発生する活性酸素を抑える働きのことです。

つまり、抗酸化物質を摂取することで体内の活性酸素のバランスを正常に保つことができます。

抗酸化作用について詳しくはこちらの記事を読んでみてください。

抗酸化作用とは?抗酸化物質の含まれる食材と種類

 

 

参考にさせて頂きました
スキンケア大学サントリー健康情報レポート

美容用語カテゴリの最新記事