エラグ酸とは?美白・美肌効果に注目!含まれる食べ物を紹介

エラグ酸とは?美白・美肌効果に注目!含まれる食べ物を紹介

エラグ酸とは、ポリフェノールの一種です。

ザクロやイチゴ、ベリー系やナッツ類などに多く含まれています。

中でもブラックベリーには最も多くエラグ酸が含まれています。

 

エラグ酸には抗酸化作用があり、特に注目されているのは美白効果です。

この成分には肌を黒くするメラニン色素の働きを抑える効果があり、美白肌を作ることができるんです。

 

エラグ酸の効果

・美白効果

抗酸化作用

・抗菌、抗ウイルス効果

・糖尿病の予防

・ガン予防、抑制する効果

 

エラグ酸が含まれる食べ物

・ブラックベリー

・ザクロ

・イチゴ

・ボイセンベリー

・サンタベリー

・クランベリー

・ナッツ類

・タラ(マメ科)

 

シミ予防ならコレ!美白・美肌になれる!!

エラグ酸にはメラニン色素を抑制する美白効果と、抗酸化作用によるアンチエイジング効果があります。

 

まず美白効果ですが、人間は紫外線を浴びると肌の基底層に存在するメラノサイトが活性化され、メラノサイト内にあるチロシンという物質がチロシナーゼ酵素によってメラニンへと変換します。

このメラニンが肌を黒くする色素物質なんです。

紫外線は黒いものに吸収されるという性質があるので、メラニン色素によって肌を黒く変化させ、肌細胞を紫外線から守るという仕組みになっています。

ある程度の日焼けなら元の状態に戻るのですが、メラニン色素が増えすぎてしまうと色素沈着を起こしてしまいます。

この色素沈着を起こした部分がシミとなってしまうんです。

 

エラグ酸にはシミの原因となってしまうメラニン色素の過剰生成を抑える効果があるので、シミの予防をすることできるんです!

 

そして、抗酸化作用による美肌効果ですね。

抗酸化作用というのは活性酸素を抑制する効果のことです。

活性酸素が大量に生成されてしまうと血中に過酸化脂質が増加してしまいます。

過酸化脂質というのは老化の原因物質になるもので、肌が過酸化脂質の影響を受けるとメラノサイトから過脂化したメラニン色素が発生してしまいます。

この過脂化したメラニン色素は通常のメラニン色素よりも濃い色素を作ってしまうため、沈着すると濃いシミになってしまいます。

さらに、過脂化したメラニンで出来たシミの細胞は排出されづらく、シミを取り除くのが難しくなってしまいます。

なので濃いシミの根本的原因である活性酸素を抗酸化作用で取り除くことがとても重要になるわけですね。

 

エラグ酸は通常の美白効果に加えて、抗酸化作用による相乗効果でアンチエイジングにはうってつけの成分だと思います。

エラグ酸はシミ予防のエキスパートと言っても過言ではないですね!

美容用語カテゴリの最新記事