食事美人

食べ物と美容・健康に関する情報を発信中

用語説明

エラグ酸とは?美白・美肌効果に注目!含まれる食べ物を紹介

投稿日:

エラグ酸とは、ポリフェノールの一種です。

ザクロやイチゴ、ベリー系やナッツ類などに多く含まれています。

中でもブラックベリーには最も多くエラグ酸が含まれています。

 

エラグ酸には抗酸化作用があり、特に注目されているのは美白効果です。

この成分には肌を黒くするメラニン色素の働きを抑える効果があり、美白肌を作ることができるんです。

 

エラグ酸の効果

・美白効果

抗酸化作用

・抗菌、抗ウイルス効果

・糖尿病の予防

・ガン予防、抑制する効果

 

エラグ酸が含まれる食べ物

・ブラックベリー

・ザクロ

・イチゴ

・ボイセンベリー

・サンタベリー

・クランベリー

・ナッツ類

・タラ(マメ科)

 

シミ予防ならコレ!美白・美肌になれる!!

エラグ酸にはメラニン色素を抑制する美白効果と、抗酸化作用によるアンチエイジング効果があります。

 

まず美白効果ですが、人間は紫外線を浴びると肌の基底層に存在するメラノサイトが活性化され、メラノサイト内にあるチロシンという物質がチロシナーゼ酵素によってメラニンへと変換します。

このメラニンが肌を黒くする色素物質なんです。

紫外線は黒いものに吸収されるという性質があるので、メラニン色素によって肌を黒く変化させ、肌細胞を紫外線から守るという仕組みになっています。

ある程度の日焼けなら元の状態に戻るのですが、メラニン色素が増えすぎてしまうと色素沈着を起こしてしまいます。

この色素沈着を起こした部分がシミとなってしまうんです。

 

エラグ酸にはシミの原因となってしまうメラニン色素の過剰生成を抑える効果があるので、シミの予防をすることできるんです!

 

そして、抗酸化作用による美肌効果ですね。

抗酸化作用というのは活性酸素を抑制する効果のことです。

活性酸素が大量に生成されてしまうと血中に過酸化脂質が増加してしまいます。

過酸化脂質というのは老化の原因物質になるもので、肌が過酸化脂質の影響を受けるとメラノサイトから過脂化したメラニン色素が発生してしまいます。

この過脂化したメラニン色素は通常のメラニン色素よりも濃い色素を作ってしまうため、沈着すると濃いシミになってしまいます。

さらに、過脂化したメラニンで出来たシミの細胞は排出されづらく、シミを取り除くのが難しくなってしまいます。

なので濃いシミの根本的原因である活性酸素を抗酸化作用で取り除くことがとても重要になるわけですね。

 

エラグ酸は通常の美白効果に加えて、抗酸化作用による相乗効果でアンチエイジングにはうってつけの成分だと思います。

エラグ酸はシミ予防のエキスパートと言っても過言ではないですね!

スポンサーリンク

-用語説明
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

活性酸素とは?本来の役割と老化の原因について

活性酸素とは、酸化させる力がとても活発になっている酸素のことです。 活性酸素=悪い物質だというイメージが強いかもしれませんが、それは誤解です。 本来、活性酸素というものは身体に入り込んだ細菌類を駆除し …

海藻ポリフェノールとは?ダイエットに最適!美しく痩せたいなら海藻を食べよう!

海藻ポリフェノールとは、天然の海藻に含まれるポリフェノールの一種です。 昆布やわかめなどの身近にある海藻にも含まれているので、毎日摂取することも簡単です。   そして、海藻類はミネラルを多く …

キサントンとは?美容最強フルーツ「マンゴスチン」!抗ガン効果・アンチエイジング・ダイエットなど効果がすごい!

キサントンとは、マンゴスチンという果物に含まれるポリフェノールの一種です。 この成分が含まれているマンゴスチンはフルーツの女王とも呼ばれ、世界三大美果に選ばれるほど美容に良い効果がある果物なんですよ! …

大豆イソフラボンとは?女性ホルモンと同じ働きで美容健康に最適!!

大豆イソフラボンとは、主に大豆の胚芽に多く含まれるポリフェノール成分です。 少し細かく分類するとポリフェノール成分の大分類の一つであるフラボノイドの一種です。 大豆イソフラボンはマメ科の植物に多く含ま …

クルクミンとは?美容は身体づくりから!抗酸化作用とダイエット効果で美ボディを目指そう

クルクミンとは、ウコン(ターメリック)などに含まれている黄色の色素成分を持ったポリフェノールです。   ウコンには肝機能改善効果があるのは有名ですね。これはクルクミンによるものなんです。 ク …