クロロゲン酸の美容効果は?アンチエイジングとダイエットに最適!

クロロゲン酸の美容効果は?アンチエイジングとダイエットに最適!

クロロゲン酸とは、ポリフェノールの一種で主にコーヒーに含まれる成分です。

別名、コーヒーポリフェノールと呼ばれることもあります。

クロロゲン酸には強い抗酸化作用があるので、アンチエイジング効果などの美容に関する作用に期待できる栄養素です。

クロロゲン酸の美容効果

抗酸化作用によるアンチエイジング効果

・脂肪の分解・燃焼を促すダイエット効果

・脂肪が付きづらくなる

・生活習慣病予防効果

クロロゲン酸が多く含まれる食べ物

・コーヒー

・じゃがいも(皮に多く含まれる)

・ゴボウ(皮に多く含まれる)

アンチエイジング効果とダイエットサポートに

クロロゲン酸はコーヒーに含まれるポリフェノールです。

実は、コーヒーにはクロロゲン酸の方がカフェインよりも多く含まれています。

クロロゲン酸には強い抗酸化作用があり、老化を抑えるアンチエイジング効果があります。

抗酸化作用とは身体の酸化を防ぐ効果のことで、身体が酸化してしまうとシワやシミなどの原因になってしまいます。

身体を若々しく保つためには抗酸化作用はとても重要な美容効果ですね。

 

そして、クロロゲン酸にはダイエットにも役に立つ効果があります。

クロロゲン酸には脂肪の蓄積を抑える作用と、脂肪の燃焼を促す効果があります。

つまり、太りづらく痩せやすい身体を作ってくれるのです!

クロロゲン酸はダイエットをサポートしてくれる素晴らしい味方ですね。

サプリメントでコントロール

クロロゲン酸を食べ物で摂取する場合、主にコーヒーを飲むことになると思います。

しかし、コーヒーの飲み過ぎはカフェインの過剰摂取に繋がってしまい、身体に悪影響を与えてしまうことも多くなってしまいます。

そもそも、コーヒーが苦手で毎日飲むのは難しいという方もいると思います。

そんなコーヒー問題を解決するにはクロロゲン酸のサプリメントがおすすめです。

ノンカフェインのサプリメントならば、コーヒーを飲む量を増やす必要もありませんし、摂取量もコントロールしやすくなります。

リスクを取ってまで栄養を取る必要はありません。

必要なものだけを選んで摂取するのが賢い美容法ですよね!

美容用語カテゴリの最新記事