ビーポーレンの美容効果!No.1スーパーフードの素晴らしい効果の数々!

ビーポーレンの美容効果!No.1スーパーフードの素晴らしい効果の数々!

蜂が作る食材は高栄養価のモノばかりですよね。

はちみつにローヤルゼリー、プロポリスなど、どれもが素晴らしいモノばかりです。

そして今回紹介するビーポーレンはこれら以上のスーパーフードなんです!

これほど豊富な栄養の数々を含む食べ物は他にありません。

ただし、正しい食べ方をしなければ効果が低くなってしまうので注意が必要です。

ビーポーレンってどんな食べ物?

ビーポーレンとは、ミツバチが集めた花粉のことをいいます。

bee(ミツバチ)+pollen(花粉)でビーポーレンというわけですね。

ミツバチが足に丸く団子状のモノをつけているのを見たことあるでしょうか。

あれがビーポーレンです。

日本では「花粉荷」「花粉団子」とも呼ばれています。

 

しかし、花粉なんて食べられるのか少し心配ですよね。

実は、ビーポーレンは世界中で愛されているスーパーフードなんです!

世界的有名なセレブやモデルも愛用しているほど栄養価と美容効果が高く、遡ると古代エジプトのクレオパトラも食べていたといわれています。

大昔から食べられているならば安心ですし、なによりそれ以上に物凄い美容効果があるということに注目してしまいますよね。

ビーポーレンの美容効果

ビーポーレンには様々な栄養素が含まれており、その数は90種以上ともいわれています。

ビタミン、ミネラル、タンパク質、酵素など美容や健康に良い効果をもたらす栄養ばかり含まれています。

栄養素が多いということは、様々な美容効果にも期待できるということ。

ビーポーレンはまさに「No.1スーパーフード」と呼んでも過言ではないかもしれません。

豊富なビタミンで美肌・アンチエイジング効果

ビーポーレンには美肌に必要なビタミンがほとんど含まれています。

ビタミンAビタミンB群ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKなど美容効果の高いビタミンが多く含まれています。

特にビタミンCビタミンEには抗酸化作用があるので、アンチエイジング効果も期待できます。

そしてビタミンAは免疫力を向上させ肌荒れなどから守り、美肌を維持する効果があります。

 

さらにビーポーレンはタンパク質も豊富で、必須アミノ酸が全て含まれているんです!

タンパク質肌や髪、爪を綺麗に作り出すために必要な栄養です。

その中でも、食べ物からしか摂取できない必須アミノ酸が全て含まれているビーポーレンは、まさにスーパーフードですね!

高タンパク低カロリーでダイエットに嬉しい効果も!

ビーポーレンはダイエットフードとしても優秀です。

ビーポーレンのカロリーは低く、さらに全体の25%がタンパク質でできているので高タンパクとダイエットに最適ですね。

 

ビーポーレンに含まれるビタミンB群には、代謝を高める効果のあるビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6が含まれています。

これらは糖質、タンパク質、脂質の代謝を促進する効果があり、それぞれがお互いの効果を高め合うのでダイエット効果も高くなります。

代謝が良くなれば痩せやすく太りづらい身体を作れる上、運動時の疲労も溜まりづらくなります。

美肌効果と美容機能を高める

ビーポーレンには葉酸鉄分も多く含まれています。

どちらも貧血予防に良いといわれている成分ですが、それだけではありません。

葉酸には肌のターンオーバーを活性化させる効果があります。

肌のターンオーバーは古い肌から新しい肌へと生まれ変わる機能のことをいい、美肌を保つためには重要な機能です。

そして葉酸は血液を作り、鉄分はヘモグロビンを増やし酸素を全身に運ぶ効果があります。

血液が増え、血流の流れが良くなれば全身の機能を高めることに繋がるので、他の栄養素による美容効果を十分に引き出すことができるようになるというわけですね。

ビーポーレンには美容効果の高い栄養素が多く含まれているので、その効果を高められるのは素晴らしいことですね。

免疫力向上で肌トラブル回避

ビーポーレンには免疫力を高める作用があります。

タンパク質やビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEには免疫力を向上させる作用があります。

免疫力は風邪などの病気だけでなく、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルにも関係します。

健康な身体は美容にとっても大切というわけですね。

抗アレルギー作用で花粉症予防効果も

花粉の飛ぶ時期になると悩まされる花粉症ですが、実はビーポーレンには花粉症を抑える効果があるといわれています。

花粉が花粉症を抑えるのって不思議ですよね。

しかし、ちゃんと理由があって、花粉症を引き起こすスギやヒノキは「風媒花分」。ビーポーレンのようなミツバチが集める花粉を「虫媒花分」と呼び、花粉症と関係ありません。

なので抗アレルギー作用のあるビーポーレンは花粉症に効くといわれ、その他にも喘息、鼻炎などにも効果的といわれています。

加熱に弱い?ビーポーレンのおすすめの食べ方

ビーポーレンは加熱に弱い食べ物です。

加熱してしまうと栄養素が損なわれてしまうので注意が必要です。

そのまま生でポリポリと食べるのも良いのですが、おすすめの食べ方をいくつか紹介いたします。

・非加熱のスムージーに混ぜる

・ヨーグルトやシリアルに混ぜる

・アイスクリームのアクセントに

・サラダにかけてトッピングに使う

ビーポーレンは自然の甘さとハーブのような香りが特徴的です。

そのままだと苦手という方も工夫次第で美味しく食べられるようになりますので、ぜひ諦めずに色々とチャレンジしてみてください!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回紹介したポイントをまとめると、

・ビーポーレンはミツバチが集める花粉

・世界的な有名人が愛用するほどのスーパーフード

・90種類以上の栄養

・豊富なビタミンで美肌・アンチエイジング効果

・低カロリー高タンパク、代謝を高めるダイエット効果

・美容効果を高める効果

・免疫力を高める効果

・花粉症などのアレルギー対策にも

・加熱に弱いので食べ方に気をつける

 

ビーポーレンはスーパーフードを超えたミラクルフードとも呼ばれているほど栄養価の高い食べ物です。

美容を意識すると、たくさんの栄養が必要になり、食事にも頭を悩ませるかもしれません。

しかし、ビーポーレンはまさに天然のサプリメント。幅広い栄養素で食事をカバーできる逸材です。

これほどの美容フードは他にはありませんので、是非この機会に試してみてはいかがでしょうか。

スーパーフードカテゴリの最新記事