テアフラビンの美容効果は?抗酸化作用とダイエット効果で美しい身体を作ろう!

テアフラビンの美容効果は?抗酸化作用とダイエット効果で美しい身体を作ろう!

テアフラビンとは、ポリフェノールの一種で紅茶や烏龍茶などの色素の元となっている成分です。

紅茶や烏龍茶に使われる茶葉は緑茶に使われる生葉を発酵し作るのですが、この発酵によりカテキンがテアフラビンに変化します。

なので、紅茶などの発酵茶葉以外には含まれていない栄養素なのです。

テアフラビンの美容効果

抗酸化作用によるアンチエイジング効果

・血糖値の上昇を防ぐ作用

・コレステロール値の減少効果

・殺菌効果による腸内環境の改善

テアフラビンが多く含まれる食べ物

・紅茶

・烏龍茶

抗酸化作用で美肌効果

テアフラビンには強い抗酸化作用があるので、身体の酸化を防ぐことができます。

酸化を防ぐことで、シワやシミなどの老化を防ぐ効果があります。

さらに、抗酸化作用によって身体の機能を活性化するので、肌のターンオーバーやデトックス効果など様々な恩恵をうけることができます。

血糖値を抑えてダイエット効果

テアフラビンには糖の吸収を抑える作用があり、血糖値の急激な上昇を防ぐ効果があります。

血糖値が一気に上昇すると脂肪が身体に付きやすくなったり、ひどくなると糖尿病の原因になることもあります。

その他にもテアフラビンは悪玉コレステロールを減少させる効果があるといわれています。

どちらも生活習慣病予防に役立つ効果ですね。

さらにダイエットにも効果的なので、気になる方は食事の際はテアフラビンが含まれる紅茶や烏龍茶を飲むといいかもしれませんね。

美容用語カテゴリの最新記事